タオルの干し方を変えてみると、ふんわり

顔を洗ったり、手を洗ったりと毎日の生活の中でタオルは何度も使います。

そして衛生面も考えて、一日使ったら洗濯を行うでしょう。それを何度も繰り返してゆきますとタオルがごわついてきませんか。

柔軟剤を使ったとしても、だんだん使用してゆくと最初の頃のようなふんわり感がなくなってきます。使用頻度が多くなり、もう変え時なのでしょうか。

それもあるかもしれませんが、洗濯をすることによってタオルの一個一個の輪っかのような繊維が、倒れている状態になるのでごわつきを感じるようになるのも一つの理由です。タオルを洗う事で繊維が倒れて状態で乾かしてしまうのが原因でおきてしまうようです。

ですから、干す際にタオルの端を片手ずつ持ってバサバサと20回程ふってあげると、横たわっていた繊維が振った時の振動により起き上がってきます。その状態にしてから干すと、使い始めのようなふんわりとした仕上がりになります。

ふんわりと仕上がると肌触りが良いだけでなく、水の吸収率も良くなったように感じます。

もちろん、経年劣化で変え時のサインかもしれませんが、一度干す際にバサバサと広げる様にしてみてください。

その効果が出ている様なら、単に繊維が起き上がっていなくてごわごわした状態になっていただけです。

もし劣化になって捨てるようでしたら、最後は雑巾として使ってみて下さい。とことん物を使ってあげた方が、物自体も喜んでくれているはずです。物は最後まで大切にするべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *