日本から世界へ今治タオルの魅力

国内最大規模のタオルの産地として知られる愛媛県今治市ですが、こちらは百年以上のタオル製造の歴史を持っている街です。

その今治市が世界に発信するのが帝國ホテルなどの高級ホテルで使用されている今治タオルです。この今治タオルは厳しい独自の認定基準に合格した製品のみが、おなじみの今治タオルのロゴマークを付ける事が出来る事でも知られていますが、その基準に合格した製品の特徴というと「吸水性の高さ」「やわらかさ」「毛羽立ちの少なさ」「お肌へのやさしさ」などがあります。

吸水性でいうと洗濯する際に柔軟剤が必要ないほどよく水や汗を吸い、品質基準の検査ではタオル片が5秒以内に水に沈むほどというのですから驚きです。そして一般的なタオルと比べやわらかいのに毛羽立ちが少ないのはなぜかというと、タオルを作る生地ごとに脱毛率の基準を定めている事で毛羽立ちが少なく、素材の基準自体も大変厳しい為パイルのよじれが出にくくどんなに使用して洗濯をしても柔らかいまま、フワフワのタオルを維持できるという事です。

そしてお肌に優しいタオルと言われる理由としては一般的なタオルと比べお肌が弱い方へ影響が出やすい化学物質のホルムアルデヒド残留が少ない(乳幼児用の製品には残留がほぼゼロ)事や、とても柔らかいタオルなのでお肌への摩擦が少ない為敏感肌の方、お子さんでも安心して使用できる為です。

このように様々な魅力がある今治タオルは一度使うと手放せないという方も多く、贈答用としても喜ばれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *