日本が世界に発信する今治タオル

帝國ホテルを始めとした高級ホテルで使用され世界中の要人に愛される今治タオルは今や日本を代表するブランドの1つとなっています。

それもそのはずニューヨークホームテキスタイルショーにおいて連続でグランプリを受賞するなど世界から注目されているタオルであり、国を挙げた経済産業省が指定する「JAPANブランド育成支援事業」でもあるのです。

その歴史はというと今から100年ほど前から製造が始まり、現在は市内に約3200台の織機が年間生産額170億を生産し、その生産量は全国生産の約6割を占めています。また数々のテストをクリアした製品にのみ今治タオルのロゴマークが付けられるという独自の品質基準を設けるほどのレベルとなっていますので、吸水性の良さや毛羽立ちの少なさ、お肌へのやさしさがとても良いタオルです。

吸水性に関してはタオル片を水に浮かべ5秒以内に沈む事が今治タオルには必須という事で、これほどの吸水性を持つため柔軟剤を使用しなくても洗濯できる上に使い始めに水通しをしなくてもすぐに使用できます。また、毛羽立ちの少なさは生地のタイプによって脱毛率の基準も定められているので、ガラス製品を拭いても跡が残らないとかどんなに洗濯をしても使い始めと同じような風合いを維持できます。

そしてお肌への影響として、人体に有害なホルムアルデヒド残留が少なく、乳幼児製品においてはほぼゼロに近いので敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方にも安心して使用できるタオルです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *