タオルのふわふわ感をキープさせる方法とは

高級なタオルは、生地が厚くループがしっかりしていてふわふわするのは当たり前と思っている方は多いのではないでしょうか。

実は価格の安い手ごろなタオルでもお手入れ一つで何年もふわふわ感をキープできる場合もあるのです。タオルには様々なタイプがあり肌触りにもいろいろあります。使用される糸においても普通糸や無撚糸を使ったもの、マイクロファイバーのものなど様々あります。ホテルなどでも使用されており耐久性があるのは普通糸のものです。

また、ふわふわ感を求めるのであれば糸自体が撚られていない無撚糸を使用しているものがお勧めです。また、速乾性を求めるのであれば断然マイクロファイバーを使用したものだといえるでしょう。また、織り方も肌触りに大きく関係してきます。パイルの長さが短い場合はしっかりとした生地感となっていて、パイルの長さが長い場合は空気層がパイルの中に生まれるためふわふわ感のほかに温かさも感じることが出来るものとなっています。ですが、いくら無撚糸やパイルの長さにこだわって選んでもお手入れが間違って入ればふわふわ感は台無しになってしまいます。柔軟剤を沢山入れればそれだけふわふわになると思う方もいるかもしれません。

実は柔軟座は吸水性を低下させてしまう場合もあるので使用する場合は入れすぎに注意が必要です。柔軟剤よりも、脱水後にタオルを揺らしパイルを立たせてから乾燥を行う事でパイルが復活、パイルが立ち空気層が生まれるのでふわふわ感を取り戻すことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *