タオルが臭くなる理由と洗濯時の注意について!

タオルを洗濯するも、においが気になることがあります。

タオルはテーブル布巾や入浴、洗面手洗いなどに使います。タオルがにおいを発する原因は細菌です。使用される環境には細菌が繁殖していることがあり、汚れや水分を拭き取る際に細菌も一緒に拭き取ることとなります。入浴後に身体を拭くバスタオルは一回の使用で細菌数が500~1000と言われており、3日使用後では数億にまで繁殖が進むようです。一度使用したものの細菌を皆無にすることは不可能で、使用後に再び水分を含ませると細菌の販促速度は加速します。

細菌は水分を好みます。洗濯をすれば汚れは取れますが、細菌が消滅するということはありません。洗濯方法を工夫することで、細菌の繁殖を抑え、不快なにおいも抑えることが出来ます。洗濯機は他の汚れた衣類を洗うため、洗濯槽内に既に汚れが付着していることがあるため、洗濯槽クリーナーを定期的に使用して洗濯機の殺菌をすることです。さらに、靴下や下着等の衣類と別けて洗濯することにも心がけると良いです。

洗濯洗剤に漂白成分が入ったものを使用するか、漂白剤(色落ちしない成分のもの)を入れて洗うと劇的に細菌を減らすでしょう。洗濯後は乾燥時に繁殖が進むことがあるので乾燥時間を短縮する工夫をしましょう。日照時間は午前9時から午後2時がピークで、3時~4時の間に干し物を取り入れることが良いでしょう。曇りの日は早めに取り入れ、通期の良い室内で干すと良いです。乾燥機を利用するのも良いですが、乾燥機は繊維を傷めるほか電気代が掛かるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *